活動報告

浜松商工会議所青年部会員新型コロナウィルス感染症の発生について

10月25日、浜松商工会議所青年部会員がPCR検査の結果、新型コロナウィルスに感染していることが判明しました。

当会では本件を受け、保健所と連携し、感染拡大抑止のための対応を行ってまいります。

関係の皆様にご心配とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申しあげます。

以上、よろしくお願いいたします。

2020年度 全体事業事前説明会

2020年10月31日(土)に浜松城公園にて、浜松市およびその地域の親子連れを対象とした全体事業「家康くんからの挑戦状!親子でワクワク!謎解き宝探しゲーム」を開催します。

 

【全体事業開催趣旨】

・浜松特有の資源、シンボルである浜松城公園の魅力を多くの親子連れに知ってもらって、もっとこの地域を好きになってほしい

・浜松城公園を浜松市の〝セントラルパーク〟として認知度を高め、愛着をもって継続的に利用できるような市民の憩いの場として活用してほしい

・コロナ禍で各種イベントが自粛、中止になっている中で、本全体事業を親子で楽しんでもらい、地域に「元気」と「スマイル」を届けたい

 


2020年10月8日(木)、本全体事業に運営スタッフとして参加する浜松YEGメンバーに対して、事業趣旨、内容、注意事項等の説明を行い、全体および各セクションにおける役割を伝える事前説明会を開催しました。

 

多くの浜松YEGメンバーが集まるため、新型コロナウィルス対策として全員マスク着用を義務付けた上で、入室時の検温、手指の消毒を行い、座席の間隔をあけソーシャルディスタンスを確保し、かつ、ZOOM(WEB)聴講も併用し、事前説明会が始まりました。

 

画像1_R

事業委員会 渥美嘉之君による「YEG宣言」、事業委員会 古山勝之君による「綱領」朗読・「指針・スローガン唱和」で開会。

 

 

画像2_R

 

「綱領」朗読・「指針」「スローガン」唱和の後、松本力洋会長から、全体事業開催についての力強いエールを頂きました。

 

会長挨拶(松本力洋会長)

「コロナ禍という事で全体事業の開催も危ぶまれましたが、事業委員会内で議論を重ねてもらい、開催することができそうです。

タイトルは『家康くんからの挑戦状』とありますが、私たちにとっては『コロナからの挑戦状』と捉えています。

参加して頂く皆様に万全の感染症対策を施し、ワクワクを届け、笑顔で帰って頂けるような設えにしましょう!」

 

画像3_R

 

事業委員会委員長 豊田 晃央君から事業趣旨・概要説明がありました。

豊田委員長から改めて全体事業開催の想い、そして趣旨・目的、その他現状の集客状況の報告を含めた概要を、運営側として参加する浜松YEGメンバーに対して行いました。

 

画像4_R 全体事業事前説明会写真_R 全体事業事前説明会写真2_R

 

広瀬 郁美副委員長、前嶋 宏明副委員長、中道 将志委員、嶋 俊輔委員、松井 大樹委員から、緊急時対応説明や役割分担、謎解き宝探しゲームの詳細等の説明を行いました。

 

画像5_R

 

質疑応答の時間では、参加者より数多くの質問を頂きました。

浜松YEGメンバー一丸となって今回の全体事業を成功させるんだ、という想いを改めて再確認することができました。

 

画像6_R

 

最後に、事業委員会担当副会長 中村 俊介君より以下の通りの所見を頂きました。

 

副会長所見(中村俊介副会長)

「浜松YEGとして今年度初めての対外事業となります。

新型コロナウィルス対策は非常に重要ですが、今回の全体事業では、参加者の皆様に我々の新型コロナウィルス対策を知ってもらうことが一番の目的ではなく、やはり全体事業の趣旨・目的、そして浜松YEGの活動を伝えることが最も大事だと思っています。

開催当日まで限られた時間の中ですが、最大限の準備をして、参加者の皆様をお迎えしましょう。」

 


 

今回の事前事業説明会により、事業委員会以外のメンバーも事業の目的や全体の流れが分かる説明会になりました。

今年度はコロナ禍で活動が思うように出来ない状況が続いておりますが、この全体事業を通して参加者、浜松市民の皆様に笑顔とワクワクを届け、浜松YEGの新型コロナウィルスに負けない姿を見て頂き、浜松の経済活性化の一助になればと思います。

本番当日は、晴れますように!

2020年度三遠南信YEG交流事業3単会会長会談

今年で25年を迎えた豊橋YEG、飯田YEG及び浜松YEGによる三遠南信YEG交流事業を10/3に行いました。

 

コロナ禍で一堂が会することはかないませんでしたが、WEBを使った新たな交流を行いました。

次の3つのパートを通し、三遠南信YEGの過去、現在、未来を考える契機になりました。

 

・三遠南信交流会の四半世紀の歩み

・スペシャルインタビュー

・3単会会長会談

 


 

01_R

 

過去25年に及ぶ交流の歴史を振り返りました。ブロックの枠組みをも超えた交流、他YEGに先駆けて行われた交流サッカー大会を企画した、先輩たちの偉大さに感服しました。

 

02_R

 

三遠南信YEG姉妹提携を調印した当時の浜松YEG会長の松坂様に、調印式を行った経緯、今後の三遠南信交流事業の進むべく道についてインタビューをさせて頂きました。

 

03_R

 

会長会談では豊橋、飯田、浜松の隠れた名産品、お勧めの観光地をご紹介頂きました。

また、withコロナ afterコロナの青年部活動について語って頂き、会長の本音をお聞きできる貴重な機会となりました。

 

04_R

 

3単会の次年度会長候補者をご紹介頂きました。

浜松YEGは鈴木基信副会長が次年度会長候補者として、ご挨拶させて頂きました。

 

05_R

 

コロナ禍でもあり、最小限のスタッフで感染対策を徹底しました。来年度は一堂に会し、交流を深めることを願っています。

ご参加頂きました豊橋YEG、飯田YEG、浜松YEGのOBの皆様、現役会員の皆様 ありがとうございました。

2020年度 浜松商工会議所青年部 第一回全体研修 三遠南信交流事業 「 よりたくましく コロナに負けない免疫力向上健康セミナー 」

10月3日(土)可美公園総合センター体育館にて2020年度 浜松商工会議所 第一回全体研修 三遠南信交流事業 「よりたくましく コロナに負けない免疫力向上健康セミナー」を開催いたしました。

我々YEGは地域経済発展に寄与する団体であり、それを実行するためには自身・自社の強さ・たくましさが必要です。免疫力向上を目的とした健康がテーマの全体研修を通じ、YEGメンバー自身の「よりたくましく」を実践する機会を提供できる全体研修を行いました。

本事業は三遠南信交流事業ではありますが、コロナ禍ということで豊橋YEG、飯田YEGの皆様にはZOOMを活用し参加していただきました。

 


 

image14

 

image15

 

新型コロナ対策の為、受付時にはマスク着用、検温、消毒を徹底しました。

 

image1

 

司会は浜松YEG研修委員会 野口剣吾委員と池田真人委員により行われました。

 

image3

 

YEG宣言及び開催宣言、綱領朗読、指針、スローガン唱和は浜松YEG研修委員会 中野良太委員により行われました。

 

image2

 

浜松YEG松本力洋会長から挨拶をいただきました。

 

image4

 

浜松YEG研修委員会 河口元副委員長から挨拶、趣旨説明をしました。

 

 

image8

 

全体研修の講義スタート 講師は本年度研修委員会メンバーでもあるルアジーンフィットネス 河合亮様

講演はZOOMとYouTubeでも配信いたしました。

 

image10

 

講演前半では健康な体作りに必要な要素、免疫力を高める必要性そしてその適切な方法をわかりやすくご講演頂きました。

 

image9

 

image13

 

講演後半では実際に体を動かしながらのご指導をいただきました。写真はトレーニングの王道スクワットです。スクワットはどこでも手軽に行えますが、本格的に行うとかなりきつい運動だと実感しました。

 

image11

 

副会長所見 最後に研修委員会担当副会長 鈴木基信副会長から所見をいただきました。

 


 

新型コロナウイルスの影響で健康の大切さを実感する中、今回この第一回全体研修 三遠南信交流事業 「よりたくましく コロナに負けない免疫力向上健康セミナー」を行うことにより、健康的な体作りに効果的な方法、知識を得ることが出来ました。

健全な心は、健康な体から、健全な会社経営も健康な体があってこそ!

これからもこの講演で得られた経験を活かし、体も心も鍛えてよりたくましく地域を盛り上げていきましょう。

後期新入会員オリエンテーション式典・エンジェルタッチ説明会・交流会

2020年9月25日後期新入会員12名を対象に、青年部活動への積極的な参加意識の高揚を図る目的として、後期新入会員オリエンテーション式典・エンジェルタッチ説明会・交流会が行われました。

式典では浜松商工会議所青年部(以下、「浜松YEG」という) 松本力洋会長からの挨拶、商工会議所青年部の理念と活動概要についての説明、各委員会における今年度の基本的な事業の取組みの説明をさせて頂きました。

それに続いて新入会員へ青年部バッヂの授与が行われました。

また、エンジェルタッチ(以下、「AT」という:青年部内のネットシステム)の研修を行い、その後、後期新入会員と浜松YEG役員との交流会を、飲食を伴わない形で実施しました。

 


 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

提言委員会委員長 須山雄造君による「YEG宣言」で開会。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「綱領」朗読、「指針」「スローガン」の唱和の後、提言委員会副会長小杉知弘君からそれぞれの内容説明を行い、浜松YEGでの「綱領」「指針」「スローガン」の重要性について理解して頂きました。

詳細はHPにて是非ご確認ください。

http://www.hyeg.jp/about.html

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会長挨拶:松本力洋会長の挨拶では、新型コロナウィルスの影響で8月まで公式活動を中止していたが、9月から開始しており、今後もしっかり事業を行っていくので、仲間とともにたくましい皆さんになってほしいと、新入会員の皆さんを力強く歓迎しました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて浜松YEGの親会である浜松商工会議所との関係について、浜松YEG事務局でもある浜松商工会議所 産業振興部 会員共済課 課長 水島大統様よりご説明頂きました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新入会員紹介、青年部バッチ授与式:新入会員それぞれの胸に、会長自らがバッジを授与して入会を歓迎しました。

これで正式に浜松YEGの一員となりました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

浜松YEG幹事 鈴木仁君より「青年部活動で得られたこと」を会長経験者としてお話し頂きました。

青年部では、自己研鑽や仲間づくり、そしてなにより社会とのつながりを仲間と実感できる場なので、大いに楽しんでほしいと、新入会員の皆さんにエールを送りました。

 


 

AT説明会1

続いて、AT説明会です。

研修委員会委員長 小栗重晴君が、エンジェルタッチが浜松YEGのコミュニケーションツールとして最も重要なツールであることを説明しました。

司会進行役の研修委員会副委員長 徳増邦彦君が要点をふまえスピーディーに分かりやすく実際の画面を用いて説明を行いました。

また浜松YEGのデジタル会員名簿についても説明があり、加えて静岡県内YEGメンバー共通のデジタル会員名簿である「S-net」の紹介や、登録・活用することで自社のPRに更なる拡がりをもてる等の活用方法についても説明がありました。

 

AT説明会2

実際の操作体験では、各委員長や副会長が新入会員にわかりやすく、マンツーマンで丁寧に教えています。

 

AT説明会3

鈴木基信 研修委員会担当副会長より、エンジェルタッチの情報とそれらに対する回答の大切さ、それが浜松YEGとしてのつながりの第一歩である説明などの所見をいただき後期新入会員AT説明会が終了しました。

後期新入会員の皆様、お疲れさまでした。

 


 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

引き続いての交流会では、委員会ごとに新入会員の自己紹介を委員長主導で行いました。

みなさん人前で話すのがとても上手でした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

委員会ごとに、現在の状況や今後の活動について座談会を行いました。2020年度後半に向けて追いつくためにも、皆さん真剣です。

 


 

新型コロナウィルスの影響で経済活動が停滞する中、入会という積極的な決断をした後期新入会員のみなさん、本当におめでとうございます。

これから同じ仲間として、この危機に立ち向かい、乗り越えていきましょう!

 

浜松商工会議所青年部 2020年度 会員交流会

2020年9月4日(金)オークラアクトシティホテル浜松 平安にて、「会員交流会」を開催しました。

今年度のテーマは、「新しい時代、新しい波をつくる」です。

今年は新型コロナウイルスの話題ばかり。浜松YEGも4月から8月まで活動を自粛していました。

その様な中、8月に全国でイチバン暑い市として有名になった浜松市。

ソーシャルディスタンスは大事ですが心までソーシャルディスタンスになってはいけません。

会員交流会を今年度の再スタートと位置づけ、全会員が「よりたくましく」、一体感を持って青年部活動を行っていきます。

 


 

01 受付_R

新型コロナウイルス対策を万全に行い、会員交流会は当日を迎えました。

 

01-3 司会_R

当日は約80名が会場に参加、数十名がzoomを利用してのweb参加となりました。

 

02 YEG宣言_R

開式の辞・YEG宣言は、会員委員会 浅井由喜委員より執り行われました。

 

03 綱領_R

続いて、大原理委員により「綱領」朗読、「指針・スローガン」唱和です。今回は全員マスクを着けたままでの唱和です。

 

 

05 会長入場_R

例年であれば会長挨拶から始める予定ですが、なんと「会長入場」という、今までどの会長も経験していないであろうと思われる演出!

会場にいた全員が度肝を抜かれましたが、新しい波、新しい時代を感じさせてくれる良い演出となりました。

 

開会に先立ち、松本 力洋(まつもと りきひろ)会長より、熱い挨拶をしていただきました。

06 会長挨拶_R

「この会員交流会を皮切りに、YEG活動を再開します。

コロナ禍の中、やらない理由、やれない理由、やりたくない理由を持っている事も、理解も承知しています。しかし、こうした状況の中で、どのような行動をしていくか、人や経営者としての資質が問われているのだと感じています。

我々は経済人です。行動することにこそ意義があります。何かをしなければなりません。その想いを青年部活動にぶつけてください。皆さんと知恵を出し合って経済活動をしていきましょう。

現在、コロナ禍で苦労や困難に遭遇していますが、人として醸成させる機会としてとらえてもらうことも必要だと思います。これらを乗り越えた時、きっと成長すると思います。

人と人の間にはソーシャルディスタンスが必要ですが、心と心の間にはソーシャルディスタンスはありません。ぜひ心と心をつなげる活動をしてほしいと思います。自分たちのチカラで新しい波を、時代を作っていくんだ、という意気込みで立ち向かっていきましょう。

2020年はじめました。

やるからには楽しくやりましょう。楽しくやる方法、させる方法を知恵やアイデアをもって、地域のみなさんに笑顔を提供してもらいたいと思います。」

 

07 委員長挨拶_R

主管の会員委員会 佐野友則委員長から挨拶・趣旨説明です。

 

続いて、各委員会から今後の活動と熱い想いの報告です

08 報告1 提言_R

提言委員会 須山委員長

 

09 報告2 事業_R

事業委員会 豊田委員長

 

10 報告3 研修_R

研修委員会 小栗委員長

 

11 報告4 地域_R

地域委員会 初澤委員長と徳増副委員長

 

12 報告5 実現_R

実現員会 中山副委員長と山崎副委員長

 

13 報告6 会員_R

会員委員会 佐野委員長

 

次に新入会員の紹介です。2020年度前期は41名が入会しました。

14 新入会員1_R 15 新入会員2_R 16 新入会員3_R

新入会員の皆さんに名前、会社名、事業内容、そして最後にひと言PR。2020年会員交流会のテーマ「新しい時代・新しい波」に沿い新しく挑戦したこと。しようとしていることをPRしてもらいました。

 

自己紹介が終わった後は交流事業です。「以心伝心ゲーム」と称してお互いの事をより知ってもらう為のゲームで盛り上がりました。

最初は、テーブル毎に実施します。

17 ゲームスタート_R

 

18 ゲーム1_R 19 ゲーム1-2_R 20 ゲーム2_R 21 ゲーム3_R

知っているようで、知らないお互いのこと。

面白い回答も続々と。笑顔あふれる交流となりました。

 

22 ゲーム会長_R

続いて、会長とメンバーで以心伝心です。

 

委員会対抗で実施した結果、最も松本会長と以心伝心が出来ていたのは…

23 ゲーム表彰_R

実現委員会でした!

 

24 副会長所見_R

最後は柴田智行副会長より所見を述べていただき、無事終了です。

 

25 終了_R

今年は新型コロナウイルス感染防止対策のため、大きな声が出せない、人と人が接触できない、距離を取らなければならない など様々な制約の中で実施しました。

例年にはない形での開催となりましたが、久しぶりに会うメンバーの笑顔を多く見ることができ、非常に楽しい会員交流会になりました。

 


 

松本会長の熱い想いを直接聞くことができ、同時に各メンバーが交流できた会員交流会は、今後の浜松YEG活動の大きな糧になったと思います。

2020年度、残り7ヶ月、知恵やアイデアをもって、楽しく活動していきましょう!

静岡県商工会議所青年部連合会 第1回業種別部会開催(WEB)

2020年6月20日(土) 静岡県商工会議所青年部連合会 第1回業種別部会開催(会場:WEB)が行われました。

静岡県商工会議所青年部連合会(以下、静岡県連という)とは、静岡県内単会 浜松~伊東まで計12単会が集まり、次代の地域経済を担う若手経営者・後継者の相互研鑽、資質向上を図る場として組織されたものです。

本事業は年3回行われ、今回が今年度1回目の開催となります。

本来行われる予定だった「第1回若手後継者等育成事業研修会」は、新型コロナウイルスの影響で中止となりましたが、代わりの事業として「第1回業種別部会」をZoomで実施しました。

第1回業種別部会は、新型コロナウイルスに対する自企業の課題と対策・今後の取り組みについて、同業種の県連メンバーで意見交換を行い、企業存続の為の新たな気づきや対応策、更にコロナ終息後に向けての「自企業の発展」「地域創生」の一助とするものです。

 


 

画像1

 

静岡県連 小林武司 副会長の『YEG宣言』、『綱領』『指針』『スローガン』朗読により通常会員総会を開会しました。

 

画像2

 

静岡県連 山本益弘 会長挨拶

今回コロナ禍の中で連合体1600名を超す中で、何が出来るか模索してきました。この業種別部会は連合体1600名のメンバーが集まり、同業種だからこそ知りえる情報をお互いに情報交換し、また他業種の方と情報を共有することにより新たな気づきと発見に繋がり、横のつながりを更に強固なものにしたいと開催いたしました。

自企業にとって参考になる事例など数多くあると思います。慣れない環境の中ではありますが、スローガン「MUSCLE Of YEG」で乗り切りましょう。

 

画像3

 

新型コロナウイルスの影響に関する調査の報告が行われました。

業種別アンケートを元に分析を行い、現状の調査報告がされ自企業の業種だけでなく異業種の現状を知るいい機会になりました。

 

画像4

 

その後、業種別に分かれてグループディスカッション(ブレイクアウトセッション)を行いました。

ディスカッションテーマは

①新型コロナウイルスによる影響と課題

②現在取り組んでいる対策や事例

③新型コロナウイルス終息を見据えた展望と要望

について意見を交わし、再度全体でZoom上に集まり発表しました。

 

画像5-1

 

画像5-2

各業種別で討論した発表の様子

 

画像6

 

最後にオブザーバーとしてご参加いただいた日本YEG、ビジネス交流委員長 平岡国彦様(関東ブロック千葉県連成田YEG)からお言葉を頂戴しました。

日本YEGとしてもWEBでできることを模索している中、静岡県連の皆様が部会を行うことを聞き参加させていただきました。活発な意見交換や運営方法など参考にできることが多く、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

 


 

初めてのWEB上での静岡県連事業となり、初対面の方も多い中で議論をする難しさがありましたが、新型コロナウイルスによる影響と課題について意見交換し、対策事例の共有、要望や展望を議論することで、繋がりを感じる非常に良い事業となりました。

日々情勢も変わる時期ではありますが、本事業を今後の浜松YEG・自企業の活動に活かしていきたいと思います。

WEB会議を活用したビジネススキル研修 〜現役アナウンサー直伝0から学ぶWEB会議講座編〜

2020年6月4日(木)、Web会議ツール“Zoom”を活用した研修事業を開催しました。

本年度浜松YEGは、新型コロナウイルス感染予防のため、8月末まで一部を除き公式事業を休止しております。

今回の研修は、このような限られた条件の中であっても会員メンバーの繋がりや学びを得るために、Web会議ツール“Zoom”を活用した事業として計画して参りました。

テレビ・FMラジオ等で活躍されている現役アナウンサーである小川綾乃さんを講師として招き、Web会議を活用したビジネススキルを学ぶため、72名の参加者がWeb上に集い研修を行いました。

 


 

 

画像1

 

3密を避けるために、スタジオには、小川綾乃さんとYEGメンバーの計4名のみ集まり配信しました。

ソーシャルディスタンスを十分に確保した上で、配信開始しました。

 

 

画像2

 

地域委員会副委員長 郡司智規君の「開会宣言」からはじまり、「綱領・指針・スローガン」の朗読の後、松本力洋会長からの挨拶がありました。

「Web会議での事業という新しい試みの中、多くの方に参加して頂き大変感謝します。新しいチャレンジには不安がつきものですが、新時代に求められるビジネススキルを楽しみながら学んでいきましょう!」

 

 

画像3

 

続いて、本研修の主管を務める地域委員会委員長 初澤飛宇馬君より挨拶。

「今後必須となるであろうWeb会議というツールを、プロの講師の元で0から学びましょう!」

 

 

画像4

 

本研修の趣旨説明、講師紹介の後に、小川綾乃さんの講演がスタート。

 

 

画像5

 

画像6

 

パワーポイントでパソコン画面を共有しながらの講演となりました。

通常の講演会とは異なるオンラインの持つ雰囲気が新鮮に感じられました。

 

 

画像7

 

講演では、オンライン会議で気をつけなければいけないことを、対面での会議と比較しながら分かりやすく説明されました。

すぐにでも活用できる、実践的なテクニックを学びました。

 

 

画像8

 

また、講師より会員メンバーへ質問をする場面もありました。

自己PRのコツを伝授して頂いたうえで、実際にメンバーが自己PRを実践。

一方的に話を伺うだけでなく、相互のやりとりのあるWeb会議というツールらしい演出を交えての講演でした。

 

 

画像9

 

画像10

 

講演終了後、講師の小川綾乃さんに感謝の意を表して、松本会長より「はままつ地ビール工房 マインシュロスのビール詰め合わせ」を贈呈させていただきました。

 

 

画像11

 

総勢72名がオンライン上で参加。

遠隔での参加ではありますが、YEGの仲間と久々に集まり、メンバーとの繋がりを感じることができた貴重な時間となりました。

 

 

画像12

 

講演の後は、各委員会よりコロナ禍でどのように委員会活動をしているか、順に報告がありました。

限られた条件の中で、メンバー同士で情報伝達をして繋がりを持ち、どのようにYEG活動を盛り上げていくか?

YouTubeの活用やオンラインでのライブ配信等、委員会ごとの知恵と工夫を感じました。

 

 


 

今回の事業は、浜松YEGとして初の試みであるオンラインでの研修事業でした。

コロナ禍を受けて計画した事業のため十分な準備期間を設けることができませんでしたが、無事に終えることができまずは安心しております。

とはいえ、運営にはまだ多くの課題が残りました。今後はより円滑により充実した事業となるよう、改善に努めて行きたいと思います。

新型コロナウイルス収束後も、YEG活動のみならずビジネスにおいても必要となるであろうスキルを、小川綾乃さんの明るいお人柄も相まって非常に楽しく学ぶことができました。

講師の小川さん、ご講演誠にありがとうございました!

浜松商工会議所青年部 2020年度通常会員総会

4月23日(木)に2020年度通常会員総会を浜松グランドホテル・鳳中の間で開催し、松本 力洋(まつもとりきひろ)会長率いる2020年度浜松商工会議所青年部(以下、浜松YEG)がスタートしました。

本年度の総会は新型コロナウィルス感染症対策として、正副会長をはじめとした執行部及び各委員長、および塚本明寿顧問(2019年度監事)にご出席を頂きました。浜松YEG会員にはATにて総会内容を事前配信の上、委任状による参加としました。

また、当日はWEBにてLive配信を実施しました。


 

 

画像1_R

 

Live配信という初の試みもあり、緊張感のある空気の中、小杉 知弘(こすぎともひろ)副会長の『YEG宣言』により通常会員総会を開会しました。

 

 

画像2_R

 

続いて、『綱領』朗読『指針』『浜松YEG2020年度スローガン・人と人を繋ぎ、想いを行動に、よりたくましく浜松 YEG』の唱和を中村 俊介(なかむら しゅんすけ)副会長が行いました。

 

 

画像3_R

 

次に浜松YEG松本 力洋(まつもと りきひろ)会長より本年度の活動と事業に掛ける想いを熱く語って頂きました。以下、「会長あいさつ」の抜粋です。

「この度はこの様な形での通常総会になりましたが、会員の皆様には委任状による参加のご理解とご協力を頂きありがとうございます。浜松YEGの活動として、7月度迄の例会の中止、8月末迄の事業の中止を決定致しました。理由としては家族と会員の健康を考えると安全な例会を実施することが困難である点、会員の企業への健全な経営、まずは自社を守り抜くとこが先決である点、この2つの理由により例会及び事業を中止決定させて頂きました。しかし、私は2020年度の事業を諦めた訳ではありません。まずは連帯の証として、新型コロナウィルスの影響を受けた会員企業に向けて個別相談会を実施致します。これは士業や金融機関の会員の力を借りて、給付金、補助金、融資などの個別相談会を行います。次に会議等をWEBで行えるようにZOOMアカウントを浜松YEGとして取得し、今後の運営をスムーズにしていきます。今、凄いスピードで様々な技術が進歩しています。ピンチの中にチャンスあり。この困難を乗り越えるのではなく、新しい時代の波を自分たちが作るんだ!という気概で臨んで下さい。皆様に元気な姿で会えることを楽しみにしています。」

 

 

画像4_R

 

審議事項については鈴木 仁(すずき ひとし)監事より2019年度事業報告、および事務局より収支決算承認、各委員会委員長より2020年度所属委員会報告並びに2020年度事業計画審議、事務局より2020年度収支予算審議を行い、本総会にて全ての議案が承認されました。

 

 

画像5_R

 

2020年度の委員長は写真左より、提言委員会・須山 雄造(すやま ゆうぞう)委員長、事業委員会・豊田 晃央(とよだ てるひさ)委員長、研修委員会・小栗 重晴(おぐり しげはる)委員長、地域委員会・初澤 飛宇馬(はつざわ ひうま)委員長、実現委員会・髙橋 聖子(たかはし せいこ)委員長、会員委員会・佐野 友則(さの とものり)委員長。

全6委員会312名の会員と共に浜松YEGの事業を展開していきます。

 

 

画像6-1_R

 

鈴木 基信(すずき もとのぶ)副会長の閉会の辞にて、2020年度通常会員総会は無事閉会致しました。

 

画像6-2_R

 

総会の様子は当日のLive配信に加え、会員専用URLにて撮影した動画が確認できるようにしました。

 

 

7FF8C748-3F51-45C8-9EF6-AA743CCC5F52_R


総会会場は感染対策を充分に行い、最低限のスタッフで実施されました。

(設営担当は会員委員会)

 


 

新型コロナウィルス感染症の影響が拡大していく中でのYEG活動は、今まで経験した事がない難しさがあります。しかし、私たちは松本会長の下、この困難を乗り越えるのではなく、『新しい時代の波を自分たちが作るんだ!』という気概で2020年度YEG活動に臨んでいきます。

皆様一年間、どうぞ宜しくお願い致します。

前期新入会員オリエンテーション式典・エンジェルタッチ説明会

2020年4月3日(金)、呉竹荘にて前期新入会員41名を対象に、青年部活動への積極的な参加意識の高揚を図る目的として、新入会員前期オリエンテーション式典が行われました。

式典では浜松商工会議所青年部(以下、浜松YEGといいます)会長 松本力洋君からの挨拶、商工会議所青年部の理念と活動概要についての説明、各委員会における今年度の基本的な事業の取組みの説明をさせて頂きました。それに続いて新入会員へ青年部バッヂの授与が行われました。また、エンジェルタッチ(AT:青年部内のネットシステム)の研修を行いました。

例年であれば、その後に浜松YEG役員との懇親会を実施しますが、新型コロナウイルス対策の為、自粛とさせて頂きました。


 

前期新入会員オリエンテーション式典

画像1_R

提言委員会委員長 須山雄造君による「YEG宣言」で開会。

画像2_R 画像3_R

「綱領」朗読、「指針」「スローガン」の唱和の後、提言委員会担当副会長小杉知弘君からそれぞれの内容説明を行い、浜松YEGでの「綱領」「指針」「スローガン」の重要性について理解して頂きました。詳細は浜松YEGのホームページにて是非ご確認ください。

http://www.hyeg.jp/about.html

画像4_R

会長挨拶

松本力洋会長の挨拶では、今年度のスローガン「人と人を繋ぎ、想いを行動に、よりたくましく浜松YEG」への想いを中心に、「新型コロナウイルスによる影響でイレギュラーなスタートとなり8月まで公式活動の中止を決定する中、こういう時こそ志を共にする仲間との助け合いで、今できる事、今しかできない事に注力し、会員ひとりひとりにとって実り多き1年にしていきましょう。」とエールを送りました。

画像5_R 画像6_R

新型コロナウイルス対策への配慮として、開場直前までは室内換気を十分に行い、会場内新入会員席は長テーブルに各1人ずつの着席として十分な距離を保ち、参加者全てに入場前アルコール消毒、検温、マスク着用を徹底した上で開催いたしました。

役員挨拶も全員マスク着用の上行わせて頂きました。

画像7_R

続いて浜松YEGの親会である浜松商工会議所との関係について、浜松YEG事務局でもある浜松商工会議所 産業振興部 会員共済課 課長 水島大統様よりご説明頂きました。

画像8_R 画像9_R

新入会員紹介、青年部バッチ授与式

松本会長から一人一人にバッチを襟に付ける行為は自粛とし、手渡しから固い握手を交わしました。これで正式に浜松YEGの一員となりました。

画像10_R 画像11_R

浜松YEG幹事 鈴木仁君より「青年部活動で得られたこと」を会長経験者としてお話し頂きました。多くのメンバーのリーダーとして取り組みや経験から得られた、自社では得られなかった大きな学びと見えなかった景色について、それぞれのメンバーに対する感謝などお話し頂きました。

 


エンジェルタッチ説明会

オリエンテーションに引き続き、「エンジェルタッチ説明会」を実施しました。

 

IMG_3884_R

司会進行役の研修委員会委員長 小栗重晴君 スピーディーに分かりやすく説明されていました。

画像2_R

受講される新入会員の皆さん。エンジェルタッチは、パソコン、スマートフォンなどからも操作でき、浜松YEGメンバーにとって必須のツールです。真剣に、また興味深く学んでいる姿が印象的でした。

画像3_R

研修委員会担当副会長 鈴木基信副会長より、AT回答の大切さの説明があり、所見をいただき前期新入会員AT説明会が終了しました。

新入会員の皆様、お疲れさまでした。

 


新型コロナウイルス感染拡大の影響による「密集、密閉、密室」への最大限の対策と配慮を準備しながら、例年より大幅な時間短縮と飲食を伴う懇親会を自粛とした中で迎えたオリエンテーションでしたが、新入会員の方々の前向きな姿勢を感じる心強いスタートでした。

世界中に影響するコロナショックですがピンチをチャンスに変えるポジティブさで浜松YEGに集まる青年経済人が強くまとまり、各々の危機を乗り越えられる青年部活動をして行きたいと思いました。

ページの先頭へ