会長挨拶

基本活動指針

 

令和の時代に入り、我々の身の回りには、ラグビーワールドカップ、全国大会しずおか沼津大会、東京オリンピックなど心が躍るような事業やイベントがある一方で、足もとを見ると災害の多発、少子高齢化、消費税の増税、米中の貿易摩擦、日韓の関係悪化など、不安を感じさせることが数多くあります。華々しさと不安と、この二つが混在する混沌とした社会にこそ、浜松YEGの勇気と情熱、求められます。

さて、昨年度、全国大会しずおか沼津大会という大きな事業がありました。日本全国の経済人を相手に地域のために何ができるかをメンバー一人一人が考え、知識と人脈を広げて行動し、未来へ羽ばたいた素晴らしい年度でした。それを受けて、諸先輩方が築いてきた歴史と進むべき未来を考えたとき、私はメンバーと浜松YEGがよりたくましくあるべきだと考えました。

全てのYEGは連帯の証である。人と人とのつながりこそが、メンバー自身と、浜松YEGをたくましくすると私は信じています。2020年度は、垣根を超えた人の繋がりと調和、協働を作ることで我々だけではなく、浜松をもたくましく発展させる1年とします。また、調和の中にも個々の主体性を持つことが肝要です。メンバー自身は、地域を支える青年経済人としての高い志の中で、自ら考え、知恵を出し合い、行動していきましょう。そして何よりも、楽しみましょう。

諸先輩方が先導者たる気概をもって育んできたこの素晴らしき浜松YEGは、2019年度鈴木仁会長より羽ばたく翼を受け継ぎました。2020年度は、よりたくましく羽ばたけるよう、夢に挑み、活動していきます。

浜松商工会議所青年部 2020年度会長 松本力洋

ページの先頭へ