活動報告

 

第6回東日本応援団

8月26日(金)~28日(日)「第6回東日本応援団」が行われました。震災直後の平成23年から始まったこの応援団も今回で6回目。今回は「原点回帰~そしてこれから」をテーマとして、復興途中の東日本エリアを視察し、災害への危機意識を再確認するとともに、”地域再生を目指す現状とその課題”を現地に赴き学び、私共の地域への教訓として持ち帰ることを目的としました。

■ 第1日目(8月26日)大船渡市

大船渡駅周辺地区にて「復興状況聴取会第2部」を開催し、浜松市から派遣職員として出張されている大船渡市災害復興局市街地整備課の技監・前田英和様、技師・川合翔司様より、大船渡市の復興状況についてのお話を伺い、大船渡市の復興の進捗状況、そして復興する過程での問題点などを確認することが出来ました。

0916-1

0916-2

その後、大船渡魚市場にて大船渡YEGの鎌田水産社長、鎌田仁様に講話していただきました。被災直後からの会社の復興経緯、お客様や協力会社に対して「7月から再開する」と宣言された決意、地域復興を願う行動や数々の実績をお聞きしました。大変参考になりました。ありがとうございました。

0916-3

夜には、大船渡YEGの皆様との交流会をプレハブ横丁にある「KAIZAN」にて行い、鎌田水産様の初水揚げの秋刀魚の炭火焼きなど、大船渡の皆様によるおもてなしを頂くとともに6年目の交流をさせていただくことができました。大船渡YEGの皆様、本当にありがとうございました。

0916-4

0916-5

0916-6

■ 第2日目(8月27日)
2日目は大船渡から南下。陸前高田市~気仙沼市~南三陸町を経由して仙台市に向かいました。

陸前高田市では、道の駅高田松原にて語り部さんのお話を伺いながら奇跡の一本松などを視察。気仙沼市では第18共徳丸も完全に撤去され復興のスピードを目の当たりにしました。南三陸町で防災庁舎跡を視察。嵩上の高さに驚愕しました。ホテル観洋にて昼食をいただいた後、仙台市に到着。仙台荒浜地区での語り部視察ではリアス式海岸と平坦な海岸における津波被害の違い、避難に対する意識の持ち方、避難マニュアルの内容の重要性等、自分達にも降りかかる可能性が有る地震、津波に対する対策を教えてもらいました。また、第1回東日本応援団で訪れて以来、6年目にして再び、震災の約3週間前に全国大会が行われた「夢メッセみやぎ」を訪問できたことは感慨深いことでした。

0916-7

0916-8

0916-9

0916-10

0916-10-2

夜には仙台YEGの皆様との交流会を「すてーきはうす伊勢屋」にて行い、昨年度全体事業へのご参加の御礼をさせていただくとともに、仙台YEGの皆様からのおもてなしをいただく、6年目の交流をさせていただくことができました。

0916-11

0916-12

0916-13

■ 第3日目(8月28日)は、第6回にして初めて福島県富岡町を訪れました。

原発事故によって全町避難に直面させられた町民のさまざまな思いを、語り部さんを通じて聞くことが出来、同じく県内に原子力発電所を持つ静岡県民として、様々な事を考えさせられました。

0916-14

0916-15

0916-16

この3日間の視察で東日本大震災がもたらした被害からの復興がどの様に進んでいるのか、地域や人々の気持ちがどう進んでいるのかを参加者それぞれが実感し持ち帰る事が出来たことと思います。

ご多忙の中私たちを迎えていただき、またご対応いただいた皆様、本当にありがとうございました。

静岡新聞 掲載情報 (伊藤友輔会長)

浜松商工会議所青年部では、下記の概要で全体事業を開催します。その全体事業で実施する浜松市内の高校生を対象とした、まちづくりの「ビジネスアイディアコンテスト」について、8月23日(火)静岡新聞西部版朝刊「この人」に、伊藤友輔会長の記事を掲載頂きましたので紹介させていただきます。

平成28年8月23日(火)静岡新聞西部版朝刊「この人」

shinbun

この全体事業は浜松商工会議所青年部が主催し、浜松市の一般の皆様にもご参加いただける事業となります。詳しい情報は専用ホームページをぜひご確認ください。
http://hyeg28.hamazo.tv/


HYEG強制スペース(小)

HYEG強制スペース(小)

headerhttp://hyeg28.hamazo.tv/

事業名: 浜松商工会議所青年部平成28年度全体事業
「はままつ未来プロジェクト ~ものづくりの街浜松で働きたくなる日~」

開催日: 平成28年10月8日(土)

会 場: 浜松市立元城小学校体育館

内 容:

160826_1

1.はままつ高校生ビジネスアイディアコンテスト

時  間:10:30~13:00
会  場:浜松市立元城小学校体育館
対  象:浜松市内高校に通うか在住の高校生
募集開始: 受付中
募集締切: 9月16日(金)

<現在参加者大募集中です!>

「はままつ高校生ビジネスアイディアコンテスト」についての応募締切は9月16日(金)となっております。こちらの応募方法やアイディアシートの書き方などについて説明会を開催します。

9月11日(日) 9時30分~11時30分

会場は、クリエート浜松22会議室となります。予約は不要です。
クリエート浜松ホームページ http://www.hcf.or.jp/facilities/create/
住所:浜松市中区早馬町2番地の1
HYEG強制スペース(小)
5666

 

160826_2
HYEG強制スペース(小)
2.ものづくり職業体験(対象:4~6年生の小学生)

時  間:9:00~16:00(集合8:30)
会  場:市内各所の企業(バスに乗車して行動します)
対  象:浜松市内の小学校に通うか在住の方(4年生~6年生)
定  員:175名
募集開始:9月7日(水)18:00~
募集締切:定員になり次第締め切りとなります。(先着順)

なお「ビジネスアイディアコンテスト」へのご応募、「ものづくり職業体験」、ともにお問合せについては、浜松商工会議所青年部事務局(会員共済課)までお願い致します。

浜松商工会議所青年部事務局(会員共済課)
〒432-8501 浜松市中区東伊場2-7-1
TEL.053-452-1113 E-mail h28@hyeg.jp

多くの方のご来場をお待ちしております。

平成28年度 会議所全体研修

7月1日(金)浜松商工会議所10階BC会議室にて「会議所全体研修」が行われました。この研修は、浜松YEGの親会である浜松商工会議所の活動内容について理解を深めるために開催されました。研修は、私達YEGメンバーが浜松商工会議所の会員として所属する各専門部会に分かれて行われました。会員同士での話し合いを通じて部会会員として浜松の発展のためにどのように活動していくのか、またYEG卒業後も続く商工会議所内での将来像をイメージしながら、現在行っているYEG活動の意義をメンバーに感じてもらうことを目的とした研修でした。研修委員会が企画運営するこの全体研修には、113名が参加しました。

01全体

研修委員会の外山武志委員によるYEG宣言、綱領・指針・スローガン唱和、伊藤友輔会長による挨拶に続き、松本力洋委員長よりこの研修の趣旨説明がありました。

研修委員会の外山武志委員によるYEG宣言。

02YEG宣言

伊藤会長からは、「年度所信から述べてきた大切な研修です。」というこの研修に対する重要性を伝えられたのち、大切な2点のお話しがありました。

1点目は「商工会議所の意義をしっかりと認識してください」です。「商工会議所には定款があり、その第7条に定められる17の事業目的の第一番目に、~商工会議所としての意見を公表し、これを国会・行政庁等に具申し、または建議する事~と謳われています。つまり、地域の為、且つ、私たち自身の事業環境をより良くするために、~政策を提言する集団である~ということを強く認識してください。」

そして2点目は、「残念ながら出席できなかった皆様に、ぜひ今日の学びを伝えてください。」との挨拶がありました。
03伊藤会長

松本委員長からは、第1回全体研修の「商工会議所をより深く理解し、青年部卒業後の商工会議所活動の将来像を描く」という趣旨と、全体研修の流れについての説明がありました。第1部として映像と具体例を交えた「商工会議所の成り立ち、目的、事業活動、組織の説明」。第2部は「部会別ディスカッション・発表」という2部構成で進められます。

04松本委員長

ここで全体研修の進行を助けてくれる、商工会議所各課の頼もしき助っ人、5名が映像で紹介されました!経営支援課より長澤秀幸様、工業振興課より伊達克彦様、商業観光課より水島大統様、総務管理課より櫻井伸吾様、そして会員共済課より名波佳紀様の紹介です。軽快な映像でスタートです!

0725-1

まず、第1部のスタートとして浜松商工会議所総務企画部総務管理課の櫻井伸吾様から、商工会議所の成り立ち、組織、活動など、全体についての説明をいただきました。

05櫻井さん

続いて、商工会議所の5つの課の紹介がありました。 企業が直面する経営課題に対し、商工会議所各課がどのようにサポートしてくれるのか、5つの具体的なケースを例に、研修委員会による寸劇と商工会議所各課による解決VTRを交えて楽しく学びました。

第1話「夢はある。腕もある。でもお金が足りない。」
~~とある会社、株式会社エグスプリングの1室から始まります。どんどん伸びる、すごいスプリングを開発した社長。でも、量産する機械が無い。機械を買うお金も無い。さてどうしたらよい??事業計画を作ればお金を貸してくれる、という噂は聞いたもの。。。

Q1:事業を拡大したい!新商品も開発も!でもどこに相談すればいいか分からない。06寸劇1

経営支援課の長澤秀幸様より、経営課題の抽出とともにその解決策をご説明いただきました。会社の強みを活かし、弱みを改善する各種支援に対するアドバイスをいただきました。
0725-2

第2話「俺の夢。ロボットを作りたい!」
~~急成長を遂げた、株式会社エグスプリング。会議室では、、「これからはロボットの時代だ!ロボットを作りたい!」と豪語する社長。でも、、

Q2:新規分野への進出!でもどうすれば??0725-3
工業振興課の伊達克彦様より、新たな産業を生み出すための会員制組織「浜松地域新産業創出会議」についての説明をいただきました。成長分野として宇宙航空、健康医療、農業に注目している企業は多くあり、中小企業が単独で新しい分野に参入する難しさを解決する一つの策として活発な活動が行われています。浜松地域の「ものづくり」を元気にする各種事業についての説明をいただきました。
0725-8

第3話「ロボットができた!でもどこに売ろう??」
~~とうとうロボット開発に成功した 株式会社エグスプリング。江口社長と共同開発者は大喜び!でも完成した「エツロボ」、これからどうなる??

Q3:もっと売上を伸ばしたい!でも新規売り込みは難しいし・・・。どうすれば???

07寸劇2

商業振興課の水島大統様より、商業振興と観光振興に関わる3つの事業についての説明を頂きました。平成29年NHK大河ドラマに向けた「家康・直虎 新商品開発プロジェクト」、会員事業所の販路開拓をサポート、マッチングをサポートしてくれる「はままつ個別商談会」、スタートから11年が経過する、やらまいか精神あふれる企業・商品を応援する「やらまいかブランド事業」の説明がありました。0725-6
第4話「従業員が増えてきた!」
~~ロボットの売り上げが好調な 株式会社エグスプリング 。江口社長のもとに、友人が訪ねてました。。従業員も100人を超える中、「労災保険」「福利厚生」など、大切なものがあるが、どうしている?と聞かれ、戸惑う江口社長・・・。

Q4:社員の福利厚生?労働保険? 簡単な方法は?お得な情報は?

08寸劇3

会員共済課の名波佳紀様より、会員企業が受けられる各種制度についての説明がありました。加入手続き、毎年の申告など負担が大きい「労災保険」も相談すれば気軽に手間なく加入できることや、それに関わる各種福利厚生、退職金や各種共済金、損害賠償のことなど、商工会議所だからこそ受けられる利点を分かりやすくご説明いただきました。従業員の人材育成に役立つ各種検定試験とその対策講座なども含む、各種セミナーの案内もいただきました。0725-5

第5話「商工会議所会頭にオレはなる!!??」
~~すっかり立派な会社になった 株式会社エグスプリング。江口社長は次の目標を見据えたようです。「オレは商工会議所の会頭になるぞ!」と考えていると、そこに現れた永遠のライバル。「俺がなる!」「いや、俺がなる!」「・・・!」「・・・!」。。。

09寸劇4

最後に再び総務管理課の櫻井伸吾様より、少し分かりにくい会議所の組織構成及び議員制度を一般的な会社組織に例えて、詳しくご説明いただきました。
0725-7

第1部の最後として、再び総務管理課の櫻井様より、配布された資料を基にした詳しい商工会議所組織と、会頭ならびに各役員の選出方法などについてご説明をいただきました。

研修委員会による素晴らしい寸劇と、商工会議所各課の課長代理の皆様による解説VTRを通して、商工会議所内容や役割を理解できたところで、第1部は終了となりました。ここからの後半は第2部。参加したYEGメンバーが実際に所属する商工会議所の12の部会に分かれてのグループディスカッションです

 

「私たちは商工会議所会員として、浜松の発展のために(   )をします!」というテーマで、YEGらしい活発なディスカッションが行われました。

11ディスカッション1

12ディスカッション2

13ディスカッション3

ディスカッションの成果が部会ごとに発表されました。
14全体風景
(不動産部会)「私たちは商工会議所会員として、浜松の発展のために地価向上させます」

15

(建築木材関連部会)「私たちは商工会議所会員として、浜松の発展のためにモノづくり まちづくり 人づくりを請け負います」

16

(経営サポート部会)「私たちは商工会議所会員として、浜松の発展のために専門知識の提供を通じて企業の成長や発展に貢献します」

17

(健康医療福祉部会)「私たちは商工会議所会員として、浜松の発展のために健康で元気にアンチエイジングします!」

18

(商業部会)「私たちは商工会議所会員として、浜松の発展のために元気に笑倍(しょうばい)をします!」

19

(食品部会)「私たちは商工会議所会員として、浜松の発展のために、地元食材を生かした安心な食事をつくり、より良いサービスで、多くの人を呼びます!」

20

(金属機械商業部会)「私たちは商工会議所会員として、浜松の発展のために製造の地産地消します!」

21

(工業部会)「私たちは商工会議所会員として、浜松の発展のために世界最先端の一流のものづくり技術を生かし、世の中にわかりやすくアピールします!」

22

(情報文化部会)「私たちは商工会議所会員として、浜松の発展のために浜松のミリョクを伝える情報発信をします!」

23

(専門サービス部会)「私たちは商工会議所会員として、浜松の発展のために客様と向き合い浜松の人の心を豊かにします!」

24

(運輸部会)「私たちは商工会議所会員として、浜松の発展のために災害時に連携して物資をさばきます!」

25

(観光部会)「私たちは商工会議所会員として、浜松の発展のために感動の提供をします!」

26

最後は研修委員会副会長 鈴木仁副会長による所見です。「青年部として初めての<商工会議所学ぶ研修>。研修委員会では”楽しく伝えてしっかり学ぶ”をコンセプトに企画を進めてきたが、自分達にも多くの学びがあった。」そして、研修をする中で一番感じたこととして、「私達青年部は、青年部だけで終われない。ここに集まった隣りの人達とともにこれから先も部会として活躍する仲間です。」「将来、この参加者の中から部会長・議員・常議員、そして副会頭・会頭になる人もいるかもしれない。私たちは今、その可能性があるポジションにいる。そんな思いの中、ワクワクしながら研修作りができました。ぜひ今日の学びをお持ち帰りください。将来の商工会議所、浜松の発展の為に大活躍していただくことを祈念しております。」というお話があり、この大変白熱した会議所全体研修は閉会となりました。

27副会長所見

全体を通しての総合司会は、鈴木秀幸委員白石江美委員第1部の寸劇ナレーションは小栗有美子委員でした。

28司会写真

29寸劇司会

会議所全体研修にご協力いただきました商工会議所の皆様、そして、素晴らしい研修を企画運営してくださった研修委員会のみなさん、ありがとうございました。

平成28年度 日本YEG総務委員会「メンタリング・マネジメント講座」・日本YEG合同交流会

6月24日(金)クラウンパレス浜松で日本YEG 総務委員会主催の事業である「メンタルマネジメント講座」、事業の終了後には「日本YEG 第251回 役員会・浜松YEG合同交流会」が、浜松YEG103名を含む計320名が参加し盛大に行われました。

【メンタリング・マネジメント講座】15:00~18:30
今回の「メンタリング・マネジメント講座」では、メイン講師に八坂 貴宏先生を、インストラクターとして鮎川 詢裕子先生他8名の先生お招きし、「人をやる気にさせ最強のチームをつくる究極のリーダーシップ」である「メンタリング」の考え方をベースに、「人と人との関係を根本的な視点から改善し、人間関係において絶対的な信頼関係を構築すること」「言わずしてやる気にさせ、教えずして人を育てること」、さらには、「社員一人一人の無限の可能性を引き出し、企業の生産性を高める」経営手法について学びました。

メイン講師の八坂 貴宏先生です。

01 八坂 貴宏先生

全10名の講師の先生に登壇いただき講義をいただきました。

02 講師紹介

研修に先立ち浜松YEGから出向の日本YEG 総務委員会 岡本八大委員長から研修の趣旨について説明がありました。

03 八大さん

4人もしくは3人1組のメンタリングセッションに分かれ、ワーク型の研修を行いました。 演習の「充実体験」から始まり、自立型人財についての学習、メンタリングの技術・手法を学びました。

04討論

05鮎川先生

06全体

07スライド

最後に実践としてメンターカードの交換を行い、講座を締めくくりました。

08カード

今回の素晴らしい研修をリーダー的な立場で準備した浜松YEGから出向の日本YEG 総務委員会初澤飛宇馬委員

24初澤さん

そして、日本YEG総務委員会のみなさん。ありがとうございました!

25日本総務全体

 

【日本YEG合同交流会】19:00~21:00

出世大名 家康くんもロビーでお出迎え。交流会の幕開けです!

09出迎え

10看板

平成28年度 日本YEG 岡村 寅嗣会長によるご挨拶。

11岡村会長

浜松YEG 伊藤会長によるご挨拶。

12伊藤会長

日本YEG 伴 靖直前会長による乾杯のご挨拶。地元浜松祭りの勢いを全国へ!ラッパ隊と練り隊による勇ましい登降壇は、交流会の幕開けにふさわしい景気づけとなりました。

13練り

14乾杯

交流会のお食事にはこだわりも!餃子消費量日本一を獲得した地元浜松。数ある浜松餃子の中で、当日はメディアでもよく登場する「石松餃子」が用意されていました。

15メニュー

16石松餃子

交流企画「共通点を探せ」。テーブルごとで着席者同士の共通点を雑談により発掘します♪ 全国のYEG会員との交流がますます深まりました!

17懇談1

18懇談2

1位~3位のテーブル発表。浜松ならではの景品が贈呈されました。おめでとうございます!

19商品

岩見沢のアピールタイム。今年度全国大会開催地の岩見沢YEGによる、大会への意気込みを全力でアピール!

20全国PR

最後に浜松YEGから出向し、日本YEGとの架け橋として活躍ている日本YEG 総務委員会 岡本 八大委員長により、中締めのご挨拶をいただきました。

21中締め

交流会の司会を務められたのは、浜松YEG 会員委員会より大野委員、新入会員の高見委員でした。お疲れ様でした!

22司会

最後に素晴らしい懇親会を企画運営した、浜松YEG会員委員会のみなさん、ありがとうございました!

160624・日本YEG懇親会 会員委員会集合写真(600)

平成28年度第1回若手後継者等育成事業研修会(静岡県青連)

6月18日(土)富士市で、静岡県商工会議所連合会(以下県青連)の正副理事会、第37回通常会員総会、平成28年度第1回若手後継者等育成事業研修会及びビジネス交流会、情報交換会が開催されました。

 

【ビジネス交流会】13:00~14:45 (ホテルグランド富士 孔雀の間)

県青連所属のメンバー60名が参加して、ビジネス交流会が開催されました。
各テーブル6名の10班に分かれて、事業内容、商品・サービスのセールスポイントなどを発表し、それぞれの悩み・課題に対して、他の5名が、感想・アドバイスをする形式で進行しました。

DSC_0608

 

参加メンバーから「自分が常に当たり前に実施している活動(サービス)が、異業種・生活者目線だと実はセールポイントであると実感できたのはすごく大きい」などの声もあり、参加者にとって大変充実したビジネス交流会となったと思います。

DSC_0607

 

【第37回通常会員総会】15:00~16:15 (ホテルグランド富士 富士の間)

平成27年度の事業報告、収支決算などすべて承認されました。

DSC_0610

 

県青連 上柳正仁会長より、「静岡の産業(資産)はたくさんある。後は知っていただくためのシティプロモーションをすれば、しずおかは日本一になる」と本年度スローガンである『愛する しずおかを日本一のまちに』~志を胸に本気のシティプロモ-ション~を交えた力強いご挨拶がありました。

DSC_0609

 

【若手後継者等育成事業研修会】16:30~18:15 (ホテルグランド富士 富士の間)

テーマ:「1本のロープから日本一に繋げた人づくり」
講師:富士市なわとび協会 会長 西沢尚之 氏

小学校の教員として、普段、西沢先生が子供たちに仕掛けている取組みから「人を自発的に行動させるための方法」をわかり易くご教授下さいました。

IMG_4864

 

実際に褒めてやる気なってもらう体験として、3名の青年部会員がなわとびの「ダブルダッチ」に挑戦!さすが西沢先生、数分という短時間でみごと3名全員が飛べました!

IMG_4874

 

最後は西沢先生に以前、教わった経験のある県青連 上柳正仁会長が可憐にダブルダッチを披露して下さいました。

IMG_4879

 

西沢先生、ご講演ありがとうございました!

IMG_4880

 

【情報交換会】18:30~20:30 (ホテルグランド富士 孔雀の間)

西沢先生の講演後は、部屋を移動して情報交換会が行われました。
静岡県青連メンバー及びシニア会「富士山クラブ」等の総勢179名で盛大に行われました。
県青連 上柳会長から挨拶の後、主管の富士YEGの若林純一会長からもご挨拶がありました。

IMG_4886

 

静岡県商工会議所連合会シニア会「富士山クラブ」副会長(沼津YEGOB)遠藤様の乾杯のお言葉で情報交換会が始まりました。

IMG_4888

IMG_4889

 

後半には11単会による単会PRがあり、浜松から伊東まで個性あふれる挨拶でした。

静岡YEGのPR
IMG_4890

富士YEGのPR
IMG_4895

 

そして隣の山梨県から、今年30周年を迎えた富士吉田YEGが30周年記念大会をPRに訪れました。静岡県青連としても、山梨県青連の富士吉田YGEを全力で応援したいとの思いを受け止めました。

IMG_4900

 

他単会の方々やOB会の方々との交流ができ、大変刺激になりました。更なる浜松YEGの発展、他単会の発展を思う良い機会となりました。

平成28年度 5月度役員会・例会

平成28年5月17日(火) 浜松商工会議所内において、「平成28年度5月度役員会および例会」が開催されました。毎月第3火曜日は、浜松商工会議所青年部の活動日で、17:00から「役員会」、18:45から各委員会別の「例会」が開催されます。

「役員会」は会長、監事、副会長、出向理事、各委員会の委員長と副委員長が出席します。また、一般会員もオブザーバーとして出席することができます。

「例会」は各委員会の会員全員を対象として毎月多くの参加があり、活発な議論が交わされています。

まず、「役員会」の様子です。

程よい緊張感の中、YEG宣言から始まり、青年部の歌「伸びゆく大地」斉唱、そして青年部「綱領」朗読「指針」「スローガン」唱和と続きます。

1

2

冒頭、浜松商工会議所 商業部会 部長 石黒様より、アメリカ西海岸最新小売業態視察研修のご案内が有りました。
目的は「次代の浜松経済界を担う後継者の育成とネットワークづくりに努める」です。

3

次に伊藤友輔会長のご挨拶

4

研修委員会 鈴木仁 副会長の進行により各委員会からさまざまな協議事項の上程をします。また、上程に対しての疑問点にはすぐさま質問があり、活発な議論をします。

5

6

次に先月までに行われた事業に対しての報告がありました。
反省点もしっかりと含まれており、次に繋がります。

7

8

最後に中山監事、石原監事の所見があり、閉会となります。

9

「役員会」の後は各委員会に分かれての「例会」の様子です。

まだ2回目と言うことで、程よい緊張感が漂う中でのスタートです。先ずは委員長、副委員長よる概要の説明となります。

「地域委員会」IMG_2679

「総務委員会」IMG_2627れ

その後は小委員会に分かれて、それぞれの委員会活動の詳細決めに入ります。この頃には緊張も解け、熱い議論が繰り広げられます。

「政策委員会」IMG_2680

「事業委員会」IMG_2682

「会員委員会」IMG_2684

「総務委員会」IMG_2638れ

重要な案件等は、各委員会の「例会」の垣根を越えて、PR活動をします。
今月は会員委員会 山下委員長と 日本YEG出向理事 岡本八大さんより6月24日(金)に開催される担当事業「日本YEG交流会」の紹介の為、飛び入りでPRして頂きました。

IMG_2635れ

また、伊藤会長、石原監事、中山監事もお見えになり 10月29日(土)に開催される「関東ブロック藤枝大会」についてご説明がありました。

IMG_2645れ

ここからは総務委員会の例会の様子です。

白熱の議論の後、各小委員会で出たアイデアを発表

IMG_2646れ

皆さん真剣です!

IMG_2647れ

その後、総務委員会では3名の方に会社・自己PRをして頂きました。

IMG_2651れ

実際の商品を使用しての3分感PR(五感を刺激します!)

IMG_2655れ

IMG_2658れ

IMG_2660れ

最後は各副会長の所見があり、閉会となります。

皆さまお疲れ様でした。

平成28年度 通常会員総会・懇親会

平成28年4月22日(金) ホテルコンコルド浜松2階 海の間・雲の間において、「平成28年度通常会員総会・懇親会」が開催されました。
年度における最初の全体事業として、伊藤友輔会長率いる平成28年度浜松商工会議所青年部が盛大にスタートしました。
ご来賓として浜松市、浜松商工会議所、浜松商工会議所女性会、静岡県商工会議所青年部連合会、袋井商工会議所青年部、掛川商工会議所青年部、より31名のご来場をいただきました。また同じくご来賓として、浜松商工会議所青年部相談役、参与、顧問の皆様13名にもご来場をいただいております。

参加者総数、通常会員総会150名、懇親会180名。企画・運営担当委員会は総務委員会でした。

001

会場では、今なお避難生活が続く「九州地方地震被災者支援のための義援金」を募らせていただき、後日九州ブロック商工会議所青年部連合会に全額寄贈させていただくことになっております。

【通常会員総会】は海の間で開催されました。厳粛な空気の中、神谷副会長の『YEG宣言』。若松副会長の『綱領』『指針』『スローガン』で開始しました。

002
神谷政策委員会担当副会長
003
若松事業委員会担当副会長

伊藤会長からの挨拶の後、前年度事業報告と収支決算報告、また今年度事業計画、収支予算の各議案が審議・承認されました。

004
伊藤会長
006
中山監事
007
小田木係長

最後にご来賓の、浜松商工会議所副会頭 岡部比呂雄 様よりご祝辞をいただき、閉会となりました。

008
岡部副会頭

司会は総務委員会より藤城さん、大高さん。大役を果たしました。お疲れ様でした!

005

続いて【懇親会】です。

【懇親会】は隣の雲の間に会場を移し、青年部会員同士の交流をメインとした内容で開催しました。 伊藤会長の挨拶に続いて、浜松市副市長 星野 悟 様からご挨拶をいただき、浜松商工会議所会頭 大須賀正孝 様の乾杯で会がスタートしました。

konshin_kaicho
伊藤会長
101.
星野副市長
102
大須賀会頭

今回の懇親会では最初から最後まで「交流の桜」という企画を行いました。
今年度から新入会員として入会された皆様に、今年度スローガンにもある「根」が描かれた桜の木が印刷された地元天竜杉で作られたカードを首にかけてもらいました。新入会員さんと交流をしたら、桜のシールを貼りつける、という企画で会員同士の交流も大いに盛り上がっていました。
(途中から新入会員さん以外のメンバーもカードを下げて、いろんなところで桜の花が咲いていました!!)

IMG_0693

また、もう一つのこだわりがメニューにも!実はホテルコンコルドさんのご協力のもと、全てのメニューに「根菜」が使用されていたのです!こちらもスローガンの「根」に因んだものです。ホテルコンコルドさん、ありがとうございます!!

106

懇親会の乾杯直後ではありましたが、静岡県商工会議所青年部連合会より上柳会長、掛川商工会議所青年部より青木会長を始めとするご参加の皆様、袋井商工会議所青年部より飯田会長を始めとするご参加の皆様。それぞれより各単会のPRをいただきました。

103-2.
上柳会長
104
掛川商工会議所青年部の皆様
105
袋井商工会議所青年部の皆様

次にアトラクションです。地元浜松で活躍されている女子バレークラブ「ブレス浜松」の監督・選手の皆様にご来場いただきました。

107

ご挨拶の後、選手のサイン入りチームTシャツの抽選会があり、会場は大いに盛り上がりました!見事当選された皆様、おめでとうございます!

108

そして、いよいよ伊藤会長の船出です。

平成27年度会長の中山監事より、平成28年度伊藤会長への浜松YEG旗の受渡しが行われました。

109

110

そして、6つの委員会から委員長にも登壇いただき、伊藤会長を含め虹色の7色で整列。伊藤会長からの決意表明とともにガンバロー三唱。見事に会場に虹がかかりました。

111

ここで終わりかと思ったところ、藤枝商工会議所青年部の皆さんが「関東ブロック大会キャラバン」としてご来場!! 大いに盛り上げていただきました。ありがとうございます!関東ブロック大会、頑張りましょう!!!

112

謎のウナギいぬ?人?も登場!

113

 

最後に浜松商工会議所青年部 参与 伊藤寿英 様より中締めのご挨拶をいただきました。青年部伝統「上着を脱いだ3本締め」で全てが終了となりました。伊藤参与、ありがとうございました。

114

 

恒例の記念撮影は、大石副委員長の「リスタートは原点から!」の掛け声に全員で「「根」をより太く!浜松YEG!!」とう掛け声で撮影終了。

shugo

懇親会の司会を務められたのは、総務委員会より今年度卒業生の内藤さん、そして鳥養さんでした。大役お疲れ様でした!!

DSCN4405

平成28年度、始動です!!!

平成28年度前期新入会員オリエンテーション

4月5日(火)、平成28年度最初の事業「平成28年度前期新入会員オリエンテーション」が行われました。
4月入会者は、総勢31名。ご入会おめでとうございます!

最初に【式典】担当:会員委員会、次に【AT(エンジェルタッチ)説明会】担当:研修委員会、そして最後に【懇親会】担当:会員委員会、という3部構成で開催されました。

0405-1

「伸びゆく大地」斉唱。「YEG宣言」・「綱領」朗読・「指針」「スローガン」唱和。

塚本明寿会員委員会担当副会長よりそれぞれの意味の説明があり、新入会員の皆様が、
商工会議所青年部として元気よく唱和しました。

ピンと張りつめた空気の中、伊藤友輔会長からの挨拶とともに平成28年度浜松商工
会議所のスローガン・基本活動指針の説明がありました。
新入会員の皆様の真剣に聞き入る姿が、非常に頼もしく見えました。

0405-2

副会長・監事・特別理事・出向役員の紹介ののち、各委員長より今年度各委員会の
活動について説明がありました。

そしていよいよ、青年部バッヂの授与式です。

お一人お一人の名前が呼ばれ、壇上にて伊藤会長がバッヂをつけ、固い握手を交わします。
オリエンテーションの中で、最も輝かしい瞬間です。

0405-3

続いて、浜松商工会議所と青年部の関係について、浜松商工会議所会員共済課(青年部事務局)
の名波課長代理から説明があり、山下会員委員会委員長からは全国組織としての日本商工会議所、
関東ブロック、静岡県商工会議所青年部連合会と浜松商工会議所の歴史について説明がありました。

最後に、中山監事より、「青年部活動で得られたこと」と題して、ご自身の経験を通して、
これから青年部として取り組んでいく意識などのアドバイスがありました。

心地よい緊張感を終始保った、大変すばらしい式典でした。

次は会場を移動して浜松商工会議所青年部スケジュール管理、連絡ツール(エンジェルタッチ)
に関しての説明会です。

研修委員会の皆様がスライドを使いながら一つ一つ丁寧に説明をしました。
同時に浜松商工会議所青年部の会員データの使い方や活用方法についての説明も行われました。

各委員会の委員長も同席し、説明したり交流したり。
約1時間の勉強会でしたが、充実した内容で一通りの使い方をご理解いただきました。

そしていよいよ、お待ちかねの「懇親会」です。

ここからは各委員会の副委員長も合流し、新入会員の皆様との楽しい交流時間を過ごします。
石原監事の乾杯でスタート!

それぞれの委員会内でのご挨拶・名刺交換をして、委員会を超えた名刺交換をして、
執行部にもご挨拶。

多くの人が初対面なので、とにかく名刺が減ります!増えます!!途中、各委員会の新入会員
が壇上に立ち、一人一人挨拶!各テーブルも大変盛り上がりました!

【 政策委員会 】

0405-4_seisaku_1

0405-4_seisaku_2

【 事業委員会 】

0405-5_jigyo_1

0405-5_jigyo_2

【 研修委員会 】

0405-6_kenshu_1

0405-6_kenshu_2

【 地域委員会 】

0405-7_chiiki_1

0405-7_chiiki_2

【 会員委員会 】

0405-8_kaiin_1

0405-8_kaiin_2

【 総務委員会 】

0405-9_soumu_1

0405-9_soumu_2

皆さん素晴らしい意気込みでした!!

最後に各同好会より代表の皆様が合流!紹介と同時に、入会を決めた!?という
新入会員の方も多数いたようです。

0405-10_soccer

0405-11_golf

0405-12_turi

0405-13_kaipan

0405-14_yakyu

楽しい同好会紹介があり、懇親会は終了です。

新入会員の皆様、ご入会誠におめでとうございます!!

平成27年度 浜松商工会議所青年部 卒業式

3月18日(金)、平成27年度浜松商工会議所青年部の最後の全体事業となる、卒業式が行われました。

卒業式8

卒業式

浜松YEGの卒業は46歳となっております。本年度は41名の卒業生を送らせていただきました。
今年度の卒業式テーマは「感謝でつながる」です。

まず、第1部を「式典」として、厳かな空気の中で厳粛な卒業証書授与式が執り行われました。
当日参加された、27名の卒業生が一人一人壇上にあがり、中山会長より卒業証書、記念品を授与されました。
そして、現役メンバー代表からの「送辞」、卒業生代表からの「答辞」で式典は終了しました。

卒業式7

次に、第2部として「懇親会」が行われました。こちらは第1部と雰囲気が変わり、盛り上がります!!

卒業式4

各委員会が、所属する卒業生の皆様より一言ずついただきながら、盛り上げます!
歌あり、踊りあり、の大変盛り上がる内容となりました。

卒業式9

「懇親会」後半は、テーマ「感謝でつながる」を卒業生に送りました。
映像とともに、卒業生の皆様を今まで支えてきた会社の皆様などからお手紙をいただき、それをお渡ししました。
ビデオレターも届き、涙のフィナーレを迎えました。

卒業式3

最後に、卒業生から現役メンバーに記念品が贈られました。新しい「横断幕」です。

卒業式2

卒業生の皆様、本当におめでとうございます!!
そして、ありがとうございました!

卒業式5

第35回全国大会 吉備の国おかやま大会

2月19日〜21日の日程で浜松から岡山へ。
年に1度の開催となる日本商工会議所主催の全国大会に浜松YEGとして参加してきました!
毎年ブロックの持ち回りで開催場所が変わりますが、今回は岡山!
主催する岡山県連を除き、浜松は全国のYEGの中でも最大の103名にて参加しました!

H27_03_(岡山)全国大会3

H27_03_(岡山)全国大会2

朝早くから新幹線にて岡山に向かい、夜の全国大会大懇親会までの間は直島や倉敷、児島など各希望コースに別れ地中美術館や、お菓子工場、ジーンズ体験などを視察しました!

そして夜は全国のYEGの皆さんとの交流を!
6,000人数が多い近いYEGメンバーが集結する会場はスゴかったです!

H27_03_(岡山)全国大会4

翌日は記念式典、記念講演は堀江貴文さんのお話をお聞きし、記念事業では500名の卒業式を!
浜松YEG卒業生も、大いに盛り上がりました!!

H27_03_全国大会5

無事に記念大会を終えて、我々浜松YEGは四国の金毘羅旅館へ移動♫
ここでは浜松のみんなでの親睦と卒業生を盛り上げる懇親会(浜松ナイト)を行いました!
最終日は鳴門海峡や淡路島の震災記念公園の視察、勉強をしっかりと最後にでき浜松へと戻りました。
浜松YEGでは色々な事業があり、沢山の仲間が作れます!
そして楽しい♫
浜松を元気にする為に是非一緒に活動してみませんか??

ページの先頭へ